上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
 横山勝也さん75歳(よこやま・かつや<本名・信也=しんや>尺八奏者、東京音楽大名誉教授)21日、大腸がんのため死去。葬儀は26日午前10時半、東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺大師堂。喪主は妻紀子(のりこ)さん。

 静岡県出身。武満徹さん作曲の「ノヴェンバー・ステップス」を琵琶の鶴田錦史さん、小沢征爾さん指揮のニューヨーク・フィルハーモニーと演奏するなどして、尺八の魅力を世界に広めた。70年、芸術選奨文部大臣賞。00年、紫綬褒章。

ハローワーク地方移管に反対=出先機関見直しで-連合(時事通信)
23日から仕分け第2弾=47独法対象、無駄削減目指す(時事通信)
国分寺の路上遺体 殺人容疑で新たに1人逮捕(産経新聞)
同一略称「日本」も受理、田中康夫氏に答弁書(読売新聞)
<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)
line
 成田国際空港会社は19日、アイスランドの火山噴火によって空港内で足止めになっている利用客向けの専用サポートカウンターを第1、2旅客ターミナルビルに各1カ所開設した。
 シャワー券や英字紙の無料配布、有料待合室の無償提供を行うほか、インターネットが自由に使えるノートパソコンを設置する。利用時間は午前7時から午後10時まで。 

PKO参加5原則の見直し先送り…岡田外相(読売新聞)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)
【from Editor】郵政見直しには覚悟必要(産経新聞)
<火山噴火>欧州ツアーのキャンセル続出…代理店対応苦慮(毎日新聞)
line
 医療関連コンサルティング業や医療モール運営の「メディカル・ハイネット」(東京都千代田区、小磯一義代表)が、東京地裁から自己破産手続きの開始決定を受けていたことが4月15日までに分かった。帝国データバンクによると、負債総額は約23億円で、このうちおよそ3億円は金融債務の見込み。破産管財人の弁護士によると、一部の事業については今後、売却する方向で調整を進めているという。

 帝国データによると、「メディカル・ハイネット」は2002年3月の設立。医師をメーンとした医療従事者の人材紹介や医療関連コンサルティング業などを展開し、近年は医療モール事業への参入に加え、医療機関向けのメディカルスキンケア事業にも力を入れていた。昨年2月期には約14億5900万円の年収入高を上げたが、相次ぐ開業に伴う先行投資負担などにより、3期連続で赤字決算が続いた。今年3月には創業者の前社長が健康上の問題などを理由に代表を辞任。4月1日付で事後処理を弁護士に一任し、破産申請の方針を固めたことを債権者に通知していたという。


【関連記事】
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ
医療機関の倒産、過去最悪の45件-昨年度
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁

橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」(産経新聞)
<茨城空港>スカイマーク節減案、国交省の許可下りず(毎日新聞)
<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)
「あらゆる可能性オープン」舛添氏、新党に含み(読売新聞)
<火山噴火>成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
line
 「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」は16日、政権選択時代の政治改革課題に関する提言を公表した。同日午後、鳩山由紀夫首相にも手渡す。提言は、衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)に関し「政権を掌握して初めて明らかになる事実もある。想定外の難題も発生する」と指摘。夏の参院選に向けて「見直しが必要であれば修正すべきだ」と提案した。
 同時に「政権発足と同時に総点検に着手し、結果を踏まえて実現すべき公約を再確定し、首相自身で国民に説明すべきだった」と、公約点検作業の遅れに苦言を呈した。
 鳩山政権については「首相の指導力が国民から疑問視され始めているのは看過できない」と強調。「政治家が発言し、議論していることをもって『政治主導』とみなす雰囲気がある。政務三役が何でも抱えようとする姿は、『政治主導』とは似て非なる『政治家主導』だ」と批判している。 

張り紙はがしで免職は違法=阿久根市処分取り消し-裁量権を乱用と認定・鹿児島地裁(時事通信)
「横転した車…外に出られず」タイ駐在員ら帰国(産経新聞)
期限切れワクチン、確認せず接種=中高生4人に-千葉・袖ケ浦(時事通信)
山崎直子飛行士 野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影(毎日新聞)
普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)
line
 兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者が肋骨(ろっこつ)を折られたとされる事件で、佐用署などは4日、女性患者(当時85歳)を骨折させたとして傷害罪で起訴された元看護師羽室(はむろ)沙百理(さおり)被告(26)(懲戒解雇)を、別の女性入院患者(当時88歳)の肋骨を折ったとする傷害容疑で再逮捕したと発表した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、羽室容疑者は、2009年1月17日から同月19日までの間、肺炎などで入院中の女性患者(当時88歳)の胸を手で押しつけ、肋骨11本を折り、6週間のけがを負わせた疑い。

 羽室被告は患者6人への暴行を認めており、同署は残る4人についても捜査する。

北九州市議選偽投票、被告の元候補に実刑判決(読売新聞)
<普天間移設>岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)
大イチョウから無数の芽=「大切にしたい」-鶴岡八幡宮(時事通信)
自転車2台も?線路に投げ込んだ疑い(読売新聞)
利根川決壊で死者最大6300人=首都圏大規模水害で報告書-中央防災会議(時事通信)
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。